ホーム  ⁄  2015  ⁄  2月

現場紹介

平成26年度 第4回目の無災害表彰を受賞しました

15.02.24

産業安全の重要性を深く認識し職場の災害防止に不断の努力を払い、工事着手から竣工に至るまで全工期を通じ無災害の成績をあげたことを評価され、中公園外災害復旧工事の現場が、厚生労働省労働基準局長様より表彰状を頂きました。

(サイズ修正後)無災害表彰_奥田建設様

中央公園写真

201502241458_0001

現場情報

発進式が執り行われました

15.02.24

IMGP2507

201502182110_0001

平成27年2月12日(木)に仙台市若林区の今泉ポンプ場地内にて、第2霞目雨水幹線工事1の泥水加圧式シールド掘進機の発進式が執り行われました。安藤ハザマ・奥田建設・河北建設共同企業体が施工者となり現在工事を進めています。シールド掘進機は内径が3,000㎜あり、将来開通予定の仙台市地下鉄東西線荒井駅周辺の排水を名取川に導く為に設置されます。

現場情報

安全祈願祭が執り行われました

15.02.05

①-1

①-2
宮城県が東松島市で取り組んでいる大曲浜海岸防災林・防潮堤復旧工事、洲崎地先海岸外災害復旧工事の防災林・防潮堤復旧及び道路災害復旧事業が工事の本格化に当たり、1月22日の午前と午後に現地で安全祈願祭が執り行われました。

②

大曲浜海岸の工事は鳴瀬川の河口から東側に延長5278mの防潮堤を整備し防潮堤の背後には盛土で基盤造成した上に防災林を植樹する計画で、当社を含む3社が4工区に分けて工事を進めています。
当社では4工区のうちの1工区である矢本工区の消波工1627mと、2工区である牛網工区の防潮堤工1136mと植生基盤造成工9haを担当しています。

洲崎海岸の工事は当社を含む3社が海岸の北側・中間部・南側の大きく3工区に分かれて工事を進めており、当社は中間部にあたる2工区の堤防延長799mと道路延長770mを担当しています。

式典では、東松島市の市街地を津波から守る防災林や防潮堤等の1日も早い完成に向け、施工者一同で団結することを誓いました。

現場情報
トップヘ戻る