ホーム  ⁄  災害情報チーム

災害情報チーム

災害情報チームについて

当社の災害情報チームが2005年春に発足して以来、風水害による災害や地震発生の際、積極的に出動して数多くの実績を積んできました。現在、オフロード4輪車1台、オフロードバイク2台、マウンテンバイク2台とその他の装備品が常に出動可能な状態にあります。チーム員は6名ですが、災害時に参集した当社社員でチームを編成して即座に出動できるよう態勢を整えています。
当社は宮城県建設業協会の一員として国や宮城県、仙台市と災害協定を取り交わしており、災害発生時には各官庁と連携をとって対応することになっています。
人的被害2万人(関連も含む)を超え、未曽有の被害を出した東日本大震災は私たちに多くの教訓を残しました。

災害情報チーム(H27)2

宮城県に限らず日本は地震をはじめ、台風、局地的大雨、大雪、火山活動等による自然的災害発生が多くなっています。特に近年は記録的な集中豪雨や従来ではあまりなじみのなかった竜巻やダウンバースト等の被害も顕著になってきています。
予測の難しい自然災害に私たちは曝されていますが、建設業に携わる者の使命として、地域の方々の安全と安心を堅牢な建物やインフラの整備によって守ることだと痛感します。
地域に根ざし、地域を把握している地元企業の災害情報チームはこのような災害発生の情報をいち早く掴み、関係各官庁との連絡を密にして、一日も早い復旧復興に貢献することを目的としています。

トップヘ戻る